インプラントのお話

私は特別健康に関して気をつけているというわけではありませんが、食い意地が張っているので「食」に直通する口内のこと、歯の諸々に関しては(他の身体よりかは)気を遣っているつもりです。
そんな私が「自前の歯は大事にしないとなー」と改めて思った話が、友人の友人の話であります。
都市伝説じゃないよ?その人、仮にAとしますが、彼は若い頃にやんちゃをしていて自前の歯を全て失うほどの殴り合いをやったことがあるとか。
A氏は殴った相手からの慰謝料と保険料で治療をすることとなり、自分の懐が痛むわけではないのでその当時の歯科技術でもっとも高額な治療を受けました。
それがインプラントです。
 

インプラントは人工の歯なので、虫歯になることがありません。
なので、A氏はそのインプラント手術を受けてから歯磨きを疎かにしました。
結果、数年前にA氏は歯槽膿漏になりインプラントはガッタガタ、オマケに直接骨格に埋め込んだものなので頭蓋骨内部にまで歯槽膿漏の毒素が入り込んでおり……。
インプラントそのものは無事でも、歯を支える歯茎が歯槽膿漏に冒されてしまえばどうしようもないどころか、自前の歯で歯槽膿漏になった時より酷い状況になってしまったわけです。
A氏はそれ以降、すっかり老け込んでしまったとか……というか私もこの目で見ましたけど。
ここまで酷いケースはさすがに稀だと思いますが、歯磨きとはその字面で受ける印象とは違い、口内全体を掃除し鍛え上げる行為なのでありまして、大切にしなければと思いを改めたというお話でした。
どっとはらい。