皮膚科で脱毛しました。

私は子供の頃からとても毛深くてコンプレックスでした。
10代の頃はこのままでは一生彼氏もできず、結婚も無理なのではないかと1人で思い悩んでいました。
特に膝下は太い毛でが生えていて父親より毛深かったです。
お風呂でカミソリで剃ったり脱毛器で抜いたりしていましたが自己処理を繰り返していたら肌があれてぶつぶつになってしまいました。
30歳を過ぎてからどうにか結婚はできまして、子育ても少し落ちつき経済的に余裕が出てきた2年前永久脱毛をやっている皮膚科に通い始めました。
腕と膝下と脇を針+レーザー脱毛しました。
今はまだ少し産毛程度が残っていますがカミソリで剃ることはもうほとんどないです。
多少あ痛みはあったのですが痛みはその時一瞬ですし、すべすべの肌になるためと思えば我慢できました。
全部で50万ほどかかりましたが、私が通っていたクリニックはちょっと高めだったようです。
自己処理でぶつぶつになった肌も今ではキレイになりました。
夏ノースリーブを着れるようになってとても嬉しいです。
もっと若い時にやっていれば良かったなと思います。

インプラントのお話

私は特別健康に関して気をつけているというわけではありませんが、食い意地が張っているので「食」に直通する口内のこと、歯の諸々に関しては(他の身体よりかは)気を遣っているつもりです。
そんな私が「自前の歯は大事にしないとなー」と改めて思った話が、友人の友人の話であります。
都市伝説じゃないよ?その人、仮にAとしますが、彼は若い頃にやんちゃをしていて自前の歯を全て失うほどの殴り合いをやったことがあるとか。
A氏は殴った相手からの慰謝料と保険料で治療をすることとなり、自分の懐が痛むわけではないのでその当時の歯科技術でもっとも高額な治療を受けました。
それがインプラントです。
 

インプラントは人工の歯なので、虫歯になることがありません。
なので、A氏はそのインプラント手術を受けてから歯磨きを疎かにしました。
結果、数年前にA氏は歯槽膿漏になりインプラントはガッタガタ、オマケに直接骨格に埋め込んだものなので頭蓋骨内部にまで歯槽膿漏の毒素が入り込んでおり……。
インプラントそのものは無事でも、歯を支える歯茎が歯槽膿漏に冒されてしまえばどうしようもないどころか、自前の歯で歯槽膿漏になった時より酷い状況になってしまったわけです。
A氏はそれ以降、すっかり老け込んでしまったとか……というか私もこの目で見ましたけど。
ここまで酷いケースはさすがに稀だと思いますが、歯磨きとはその字面で受ける印象とは違い、口内全体を掃除し鍛え上げる行為なのでありまして、大切にしなければと思いを改めたというお話でした。
どっとはらい。

こんなところにも生えているっ!

ムダ毛は腕や、足はもちろんなんですが、顔の産毛や、お腹にうっすら生えている毛、いたる所にたくさん生えています、その中でも一番いらないんじゃないかと思うのが、足の指に2,3本生えてる毛はいらない気がします!!指の毛は抜くとめちゃめちゃ痛くて剃っています!大体どの部分の毛を抜こうとすると痛いので剃って処理をしています、でも剃った後は結構トラブルがおきやすいので一度炎症が起きないように少し冷やしてから剃った部分にクリームやオイルを塗って保湿をします、それでも毛穴が少し赤くなったりすることもあるのでムダ毛は本当に嫌になってしまいます。
顔の産毛は少し剃るとメイクのノリがとても良くなるのと少し肌の色が明るくなるので安全な電動のかみそりで剃るのがお勧めです、あと顔にある鼻毛も定期的に処理をしないと気がつくと伸びていることが多いので油断のできない所ですね、鼻毛も電動かみそりとはさみで切って処理をしています!この毛との格闘を定期的にしています。

税金の支払いが思ったよりも大変です…

おとなになるということは、税金を支払うように成る、ということですよね。
成人した瞬間から、人にはものすごい金額の税金がのしかかってきます。
住民税、国民年金、社会保険などの保険系の金額……。
全て払うことが出来ない若者も増えています。
消費税だってバカにはなりません。
贅沢品に税金をかけるようにシフトしてほしいと思いますが、現実はいつも金持ちに優しく、貧乏人や中堅層に厳しい物。
このままでは国が疲弊してしまいますよね。
税金の猶予が出来るのも、せいぜい20代のうちまで。
それまでに地盤をしっかりと固めておかないと、お金はいつも飛ぶように消え去ってしまいます。
預貯金があっても、国民年金や住民税の滞納が有れば差し押さえを喰らいます。
たとえ土地を持っていたとしても固定資産税がかなりかかりますし、自動車税も今後どんどん値上がりするという目算です。
このままでは税金で疲弊してしまいますね。
お金を節約して税金に回しても、結局は政治家の懐に入ってしまったり、不本意な使い方をされてしまったりもします。
結局、支払った税金の恩恵を受けるためには、公共施設を惜しげも無く使用したり、自分からも動き出すしかないようですね。
お金さえ有れば、もっと世の中が幸せになるのですがねえ。