クラウドサービス

日本でインターネットがまだ一般家庭に普及する前からネットサービスを活用していますが、ネットユーザーが増えることで新たなネットサービスが生まれて便利な世の中になってきました。
私が毎日活用しているのがEvernoteというオンラインのノートブックサービスです。
自分が書いたメモやネットサーフィン中に見つけた面白そうな記事をクリッピングしたり、動画や音声までも保存することができます。
他の人と一緒に仕事のプロジェクトを進める場合などにもそのノートブックをシェアして共有することができます。
Drop BoxやGoogleドライブは無料のウェブスペースサービスで写真や動画などを保存したり共有できます。
仕事でクライアントとのファイル共有で大活用しています。
これらのサービスは私の所有しているiPod Touch、iPad、Mac Book、iMacのどのデバイスからも使用できます。
ネットに接続できるデバイスがあれば、これらのクラウドサービスはどこからでもアクセスできるのが利点です。
それから日々、大活用しているのがAdobe Creative CloudというAdobe製品のほとんどを使用できて、ホームページを公開するウェブスペースもサービスに含まれていて、各アプリケーションで保存したプロジェクトファイルも提供されたクラウドスペースに保存することができます。
このサービスに関しては有償サービスですが、毎年レンタルウェブサーバーにかかっていた費用をこちらに回すことができて節約できています。